授業で紹介した本

藤原正彦,若き数学者のアメリカ,新潮文庫

藤原先生はお茶ノ水女子大の教授(もう定年されたんだったっけか)。
藤原先生は,1972年の夏,ミシガン大学に研究員として招かれる。
セミナーの発表は成功を収めるが,冬をむかえた厚い雲の下で孤独感に苛まれる。
翌年春,フロリダの浜辺で金髪の娘と親しくなりアメリカにとけこむ頃,
難関を乗り越えてコロラド大学助教授に推薦される。
知識は乏しいが大らかな学生たちに週6時間の講義をする。
自分のすべてをアメリカにぶつけた青年数学者の躍動する体験記。
(以上アマゾンのこの本に関する紹介より)

藤原先生のお父さんは,山岳小説を書いておられた新田次郎,
お母さんは詩人の藤原てい(「流れる星は生きている」)。

これ以外にもたくさんのエッセイなどを書いておられて,
いずれも面白い。

どれでもいいので,1冊は読んでみてほしい。

ちなみに数年前「品格」という言葉がはやったが,
藤原先生の「国家の品格」という本がきっかけだった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*
Website

*