GeoGebraの授業

先日教育学部の1年生を対象にGeoGebraの使い方の授業をした。

ユークリッド幾何学の講義の最終回で,
こういったツールを使ってここまで学習したいろいろな定理の図を描き,
定理が一般的に正しいことを確信すること,
また(この講義ではできなかったが)将来的にはこれを使って新しい定理を探求すること,
などができるといいなという思いを込めて,紹介した。

対象は上にも書いたように大学1年生。
まるっきり使い方を知らない,という前提で授業したので,
90分はちょっときついかと思っていたが,
さすが現代っ子。
パソコンの操作には基本的に慣れているので,
プロジェクターで教師用のパソコンの画面を見せるだけで,
どんどん練習問題をこなしていった。
(どんなことをやったのかは
授業用プリント 「GeoGebra最初の一歩」(pdfファイル)
を見てください)

研究室の3年生に補助を頼んでおいたが,
操作についてはほとんど問題がなかった。
むしろ扱っている数学の内容の方の理解がついておらず,
作図に苦労している学生がいたという。

今年度は試し,ということもあって1回だけだったが,
来年度はもう少し回数を増やしてみようかと思っている。

0
カテゴリー: ユークリッド幾何学, GeoGebra タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)