【思い出話】Lisa

編集の仕事に疲れると,息抜きをかねて1階の店に行き,
パソコンをいじったり,店の人と雑談をしていました。
そんなある日,店の一番奥に新しいパソコンが入りました。
Apple の Lisa でした。

Apple Computer Lisa(Wikipedia より)

英語しか扱えず,結構大きな筐体であるにもかかわらず,ディスプレイは小さく,
上に乗っかったハードディスクが,結構おしゃれだったような印象があります。
また,マシンに「Lisa」というような人の名前がつけられていたのも驚きでした。

IBM PC が実用一点張り,
昔からの大型コンピュータを単に小さくしただけというイメージだったのに対して,
Lisa のデザインは衝撃的でした。
マウスをおそるおそる使い,
ようやく慣れてきたキーボードを使ってローマ字の文章を打ってみました(英語でないのが情けない!)。

画面に表示されていく文字も,
やはり IBM のコンピュータコンピュータした昔風のフォントと違いおしゃれで,
なんだかすごい仕事をしているような錯覚を覚えたものです(実際錯覚ですね(笑))。

0
カテゴリー: パソコン, 思い出話 タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)