愛車危機一髪

昨日の夕方,
仕事を終えて帰ろうと車のところまで歩いた。

で,ふと車の前部の下を見たら,液体がたまりをなしているのが見えた。
はて,何が漏れているのだろう,と少し車を動かし,
液体に触れてみた所,油であった。
エンジンオイルが漏れているのだった。

これはいけない,と仕事場に一番近いガソリンスタンドに飛び込み,
見てもらうことに。

するとオイルフィルターのところから漏れていることが判明。
即,交換をしてもらう。

で,フィルター交換のときに漏れた分をとりあえず補給してもらった。

まあ1リットルも入れれば十分でしょう,
と補充してもらったのだが,ゲージで調べると,足りない。

技術の人「う〜ん,足りませんね。」
私「じゃあ,前にオイル交換してから大分になるので,
 ついでにオイル交換もしてくださいな」
とはいったものの,財布の中をみるとそんなに入っていない。
わ「持ち合わせがこれだけなんですが」
技「えっ? フィルターが〇〇円ですから…」
わ「では,足りるところまでいれてくださいな」
技「はい」
と会話してもう少し足してもらった。
しかし1リットル入れてもゲージは十分な量であることを示さない!

仕様書で確かめてもらうと,私の車にはエンジンオイルが3リットル入る。
それなのに2リットル入れても足りないという事は?

結局,もう500cc ほど足してもらってようやくとりあえず大丈夫となった。

技「ちょっとこれ,あぶなかったですね」
わ「ええ」(でも何を言っているかよくわかっていない)
技「もしオイルが完全になくなっていたら,
 エンジンが焼き切れてしまって,車自体がお釈迦でしたよ」
わ「ええっ?」(ここに至ってようやくことの重大性を理解)

わ「じゃあ,今回はかなりラッキーだったんですね」
技「そうですね」

前にオイル交換してから大分経っていたので,
技「もっと早めに交換したほうが,車のためにはいいですよ」
と少し諭され,支払いを済ませて帰途についた。
(いくら払えるか先方は知っていたので,その範囲で収まるオイルを入れてくださったらしい)

途中ふと
「そういえば昨日の朝,エンジンを始動したとき,
布をこするような音がしていたな。
しばらくしたら聞こえなくなったので,気にしていなかったけど」

そう,それが愛車からの一つのメッセージだったようだ。

今朝自宅の駐車場から車を出すとき,かの場所の下を見てみたら,
そんなに多くはないものの,油の漏れていた跡が見つかった。
火曜日の昼間はなんともなかったはずなので,
夜くらいから何かあったらしい。

う〜ん,それにしても危なかったなぁ。
技術の人との会話を思い出して,
再び思ったのでした。

0
カテゴリー: その他 パーマリンク

1 Response to 愛車危機一髪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)