号泣再び

今朝も今朝とて,チベット体操の後,瞑想。

チベット体操をやっていて少し変わってきたのは,
第4,第5の儀式の時にチリチリとした刺すような感じが出てきたことか。
決して不快なものではない。
それがはじめは胸から上,最近は体全体に近くまで広がる。
今日は体操を終えた後のシャバアーサナのとき,
体全体にエネルギーが充満していくのを強く感じた。

で,そのあと瞑想。
始めると同時にこのところずっと唱えているアファメーション。
瞑想状態に入る前からアナハタのあたりがうずく。

先日来,一人でいると普通の時でもあるきっかけがあると涙を流すことが続いていた。
そんなことがあったので,
「なんかやばいなぁ」
と思いつついると,急に感情がこみ上げてきた。
悲しみではない感じ。しかし感動でもない。
この情動,なんだろう。
わからないが,瞑想を続けながらしゃくりあげているのは確か。

瞑想を続けると,声こそ出さないが,
泣き喚くような感じになっていった。
アナハタにエネルギーが流れ込み,うずきが強くなる。

瞑想の終りごろ,気がつくと
「ごめんなさい。ごめんなさい」
と繰り返し心の中でつぶやいていた。

何に謝っているのか,わからない。
でも「ごめんなさい」を繰り返している。
上には「悲しみではない」と書いたが,
やっぱり何かを悲しんでいるようだ。

終了。
と同時に,完全ではないが,感情は穏やかなものに戻る。

今日の瞑想は一体何だったんだろう。
そう思いながら仕事場まで歩いている最中に
 「アナハタの解放」
という言葉が浮かんだ。

あ,これを書いていたら,またこみ上げてきた。

経験に感謝。

0
カテゴリー: 気功・太極拳, チベット体操 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)