1周年

チベット体操を始めて,1年が過ぎた。

もともとアンチエイジングを目的として始めたのだった。
で,ここまでの効果は,というと…

  • 見てくれはそんなに変わっていない(と思う)。
     実際,ひげや髪の毛にだいぶん白いものが混じっているのだが,
     そして,それが変わること(そういった効果を報告している人もいるので)を
     期待していたが,今のところ起きてはいない。
  • しかし,3年前の手術後,極端に落ちていた体力がそれまで以上に回復している。
     この効果は,始めて3か月位の頃にすでに感じていた。期待以上の効果と言っていい。
  • 基本的な体力の回復に加えて,たとえば睡眠時間が短くても
     そんなに辛いという感じがなくなった。
    (誰だ,年寄りは短眠ですむものです,っていうのは!(笑))
  • それよりも何よりも,精神的な変化のほうが大きい。
     実際,昨年の終り頃から体操後に瞑想を加えたところ,
     そこで得られている体験は今までにないものばかりであり,
     加えて,まわりの環境も劇的と言っていいくらい変化しているし,
     今も激しく変化しているように感じられる。
  • チベット体操は私の宝になったようだ。

    ついでにここしばらくの身体の変化を書いておこう。

    少し前にエネルギーが頭頂まで登るようになった,と書いた。
    これは今でもそうなのだが,それに加えて,頭頂が少しひんやりとした後,
    体の中央を何か滴り落ちるような感触が出始めている。
    この滴りは首のあたりでその感触がなくなることが多いが,
    時としては臍のあたりまで落ちてくるように感じる。

    瞑想技法として,このように「イメージする」というものがあるのは知っているが,
    ここに書いたことはイメージしていない。
    むしろ,普通の生活に戻った後に「自然に」起きている。

    チベット体操は,僧侶たちが瞑想する準備運動として行っていた,
    という説明があるが,体操の後に瞑想を加えたくなったのは偶然ではないと思う。

    そしてその効果が瞑想時だけにとどまらず,日常生活にまで波及しつつあるようだ。

    これからの変化が楽しみではある。

    0
    カテゴリー: チベット体操 パーマリンク

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    *

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)