島根大学ヒッグス・初期宇宙プロジェクトセンター企画 講演会 「宇宙の未知粒子『暗黒物質』を探る」

つい先程まで,タイトルの講演会を聞いていた。

これまでにも何度か耳にする機会はあったが,
そもそも暗黒物質とはなにか,まったく知らなかった。

講演に先立ち,
波場 直之氏(島根大学・教授)による「素粒子と宇宙」で極微の世界と極大の世界のつながりが解説され,
石田 裕之氏(島根大学・特任助教)による「宇宙暗黒物質からインフレーションを探る」で,暗黒物質の理論的起源を聞いた。
このお二人は理論家。

お二人の解説で,大まかなところは掴ませていただいた。
面白い!

で,本題は
身内賢太朗氏(神戸大学・准教授)による
「宇宙の未知粒子『暗黒物質』を探る」

身内氏は実験家で,いかにして「暗黒物質を検出するか」をテーマに研究しておられる。
暗黒物質の検出には3つのアプローチが考えられているが,身内先生はその一つをとりあげ,
研究の一端を講演されたのだった。

素人にもわかりやすい,お話ばかり。
この1月にもあったのだが,そのときは失念していて聞けなかった。
今後もこのような講演会があれば,出かけてみたいものだ。

島根大学ヒッグス・初期宇宙プロジェクトセンター企画 講演会
「宇宙の未知粒子『暗黒物質』を探る」

0
カテゴリー: その他 タグ: , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)