セミナーノート

昨日報告した内容を復習と修正をかねて,\(\mathrm{\TeX}\) 化した。
どうせ後できちんとタイプする必要があるだろうから,今のうちにやっておこうと思った。
結構時間がかかり,午前中いっぱいかかった。
昨日解決した際に大体で済ませた証明を,きちんと書き下し,確かめておく必要がある。
これは一度下書きしてみて見当をつけてからにしよう。

その後考え続け,entourages から covering の族を作るとき,
もっと厳しい条件をつければ,出てくる性質も単純になり,
そこから再構成する際も,簡単になることが見えてきた。
local な性質が必要なのは,
star-refinement を作るときだけのようなのだ。

0
カテゴリー: 数学 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)