左右開弓

練功十八法の手を左右に開いていく動作ですが,
細かいところまで注意しないと効果のあるなしが決定的に違ってくるんですねぇ。

手の動作をどこから始めるか,
動作が完成したときに手はどこの高さにあるのか,
といったことが少しでも狂うと効果がなくなってしまうことを練習で実感しました。

これらは本にきちんと書いてあり,
読みすごしていた自分がいけないのですが,
荘老師のすごさを改めて感じさせていただいた一件でした。

0
カテゴリー: 気功・太極拳 タグ: , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)