「Mezza estate 真夏のひととき」

今日の午後,松江歌族の会主催の,
 「Mezza estate 真夏のひととき」
というコンサートに行ってきた。

今日このコンサートがあることはだいぶん前から知っていたのだが,
正直,なぜかチケットを買いに行く気持ちにならなかった。
申し訳ないことに「松江歌族の会」とはどんな団体なのか,
知らなかったから。

それが3日ほど前のこと,
同僚がこのコンサートの裏方をやっていて,
「チケットがあるんだけどいりません?」
と誘われた。
するとなんだか急に行きたくなった。

この前のワークショップの時もそうだが,
こういった気持ちになる時には必ずおもしろいことが起きる。
それが最近のパターンなので,即
「わけてください」
とお願いした。

結果はまたも大正解! 夏の暑い午後,素敵な時間を過ごすことができた。

コンサートの第1部,第2部は「松江歌族の会」のメンバーによる歌曲とオペラのアリア独唱。第3部はオペラ歌手妻屋秀和氏のソロリサイタルだった。
第1部,第2部も素敵だったが,圧巻だったのは第3部。

妻屋氏は松江出身。東京芸大を卒業後,数々のオペラに出演。
ライプツィヒ歌劇場,ワイマールにあるドイツ国民劇場と専属契約をされていた。
ドイツ,ライプツィヒ在住,だそうだ。
超一流じゃありませんか!

パートはバス。
歌と歌の間に,氏の師匠や先輩の話が入り,笑いを誘う。
そして歌となると,朗々とした声がホールいっぱいに響いていた。

4曲目に歌われた
 メフィストフェレスのセレナーデ(歌劇『ファウスト」)
は歌詞はわからなかったけど,
悪魔メフィストフェレスの感じがよくわかって,
聞いていてゾクゾクした。

最後の
 もう飛ぶまいぞこの蝶々(歌劇『フィガロの結婚』)
は3枚目役の歌は役柄から歌うことはないと前置きがあったが,
(確かに3枚目役の歌詞のようで,失礼ながら合わないと思ったが)
たいそう面白かった。

んで,アンコールを聞きながら涙腺が緩んでいたことは内緒,内緒!

いやいや,誘いに乗って大正解だった。

プラバでは11月にハープのコンサート,
来年の2月にはオルガンのコンサートが予定されているが,
いずれも超一流の演奏者だそうだ。

そういった演奏者を続々と呼び寄せるプラバホール。

それにしても、
松江って音楽に関しては日本第一級の都市?

松江歌族の会

「Mezza estate 真夏のひととき」

0
カテゴリー: その他 タグ: , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)