電磁気学

ここ2年ほど,数学と並行して物理を勉強している。

行きたいところは場の量子論だが,
昨年の2月くらいから勉強を始め,理論の輪郭がつかめたくらい。
しかし勉強すればするほど,それ以前の量子力学,相対論,
そして電磁気学の必要性をひしひしと感じる。

とりわけ電磁気学は,Maxwellが定式化して以来確立されたもののように見えるが,
ほんとにそうなんだろうか,という疑問を持ち始めた。

もちろん素人の事ゆえ,専門家に言わせれば
「何を血迷ったことを」
と簡単に否定されそうだが。

ちょっと追っかけてみたくなっている。

2+
カテゴリー: 物理学 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)