あれ?(尿管結石(続き))

よろよろと
よろめきながら病院の時間外受付へ。

時間はちょうど午前0時。
何度か時間外を使ったことがあるが,
いつも人が多かった。

しかし今夜は全く逆。
私以外誰もいない。
静かだ。

若い看護師さんが症状の聞き取り。
思ったより元気な口調で答えられた。

検尿。あまりたくさんでなかったが,やはり赤色が濃い。

夜勤の先生による問診。
で,昨日もらった頓服より強い座薬を入れることに。

すぐに用意され,あっという間に入ってしまう。
座薬というと痛いイメージがあったのだが,
あっさり覆された(といっても「快感」はなかったが)。

薬が効き始めるまで待合室で待機。
5分もしないうちに痛みが和らいでくる。
へぇ~,こんなに効き目が違うんだ,
とぼんやり考える。

今しばらくすると先生が部屋から出てきて「どうですか?」と。

そのころにはほとんど痛みが感じられなくなっていた。
若干感じる痛みの位置も,
さっきと違って,かなり中央よりになっていた。

診療室に再び入り,今後のことを相談。
といってもこの病気,石が出るまでは他にどうしようもないので,
先生も「お気の毒ですが,痛みに耐えてもらうしかありません」
といった表情。

翌日の外来に来ますか,とは聞かれたが,
とりあえず様子を見ることに。

座薬を4つもらって,帰宅したのは1時過ぎ。
痛みは全く感じられなくなっていたので,
すぐに寝入った。

翌朝,寝覚めは爽やか。
少しだけ中央部に疼きを感じるが,痛むという感じではない。

とはいうものの,いつ痛くなるか心配だったので,
座薬を持って仕事へ。

痛みが無いので,いつも以上に仕事に集中できた感じ。

で,気がつくと夕方。
やはり中央部の違和感はあるものの,
痛みはなし。

夕食を済ませて帰宅し,
落ち着いたところで体の様子をみてみると,
はて? 夕食前まで感じていた違和感さえ消えている!

夕食後に立ち寄ったところでトイレに行って用を済ませたとき,
便器中央に5mm四方の薄片のようなものが落ち,
おや,と思うまもなく流れていったことをふと思いだした。

で,もう少し思い出してみると,それからあと違和感が消えていた。

さてはそのとき流れでたのかな。

寝る前に少し左脇腹がひきつるような感じがあり,
「う~む,2個目か」
とも思ったが,しばらくするとそれも消え,
今朝になってもなんの異常もない。

どうやら,今回はこれだけで済んだようだ。

やれやれ。

0
カテゴリー: 雑記 タグ: , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)