久しぶりの神保町

太極拳の全国大会に出かけました。
会場は千駄ヶ谷の東京体育館でした。
出場時間が午前中の早い時間ということもあって,
日帰りというわけにはいかなかったので,
ホテルつきの航空機パック旅行で行きました。
ホテルはいくつかの中から選べるのですが,
比較的会場に近い水道橋にあるホテルを選びました。

ホテルから神保町までは歩いて10分ほど。
前日会場で少し練習したあと夕方ホテルに入って,
夕食を食べに出るついでに久しぶり(2年ぶりかな)に古本街を歩きました。

実は一時期このあたりで仕事をしていたので,
裏道までよく知っています。
とは言うもののそれはすでに20年以上も前のこと。
全体のたたずまいは変化ありませんが,
店は大分入れ替わった感じですね。
古本屋にしても大分店を閉めてしまっているようです。

そうそう,水道橋駅近くにあった旭屋という本屋がなくなっていたのには驚きました。
大きな本屋さんでも閉めてしまうことがあるんですね。
書泉グランデと東京堂書店から洋書のコーナーがなくなっていたのも印象的でした。
今回は長拳の vcd を探しに中国書店である内山書店や東方書店にいくのが目的でした。
あと研究関係の数学書を探すのも。
しかし残念ながらどれも見つかりませんでした。

地方在住ということもありますが,
最近は和書でさえアマゾンを使って購入することが多くなりました。
太極拳関係の映像も中国書籍を扱っているサイトから注文します。
本屋で実物を見ながら買おうかどうしようか迷うことは少なくなりましたね。

自宅近くにあるなじみの本屋の店長さんも
「最近みんな通販で買うらしくって,売り上げが落ちているんです」
って言ってました。

家の近くには古本屋がない(ブックオフはあるけど。ここは中古本屋であって古本屋ではない!)
ので神保町を歩く楽しみは年に1度くらいは取っておきたいものです。

0
カテゴリー: 読書, 雑記 タグ: , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)