インスリンの量が減った

退院して2週間。
今日は診察の日。

この2週間の血圧・体重の記録と,
自炊した食事のレシピを持って出かけた。

まずは栄養指導。
この2週間で困ったことはなかったか,が主体。
ほとんど自炊していたので,
1食1食のカロリーと1日のカロリーが簡単に計算できる。
で,昨日気がついたのだが,
何を勘違いしていたのか、どの1日も
私に許された1日の総カロリーを
かなり下回っていた。

どうりで体重の減少速度が早いはず。
仕事が全てキャンセルになったので,
1日の総運動量はそんなに多くないのにも関わらず,
2週間で2キロ痩せた。

それらを含めて,与えられた30分を10分オーバーして
いろいろな質問をさせてもらった。

糖尿の先生の診察も,
この2週間の様子を聞かれることが主体。
週に2回血糖値を測っていたが,
それを先生が見られて,
昼と夜の注射がなくなった。

ありがたい。

仕事が始まれば
なかなか自炊ができなくなる。
できたとしても,
仕事中に,それも食事の直前に注射を打つのは,
自宅ならともかく,仕事場ではなかなか大変そうだ,
と思っていたから。

最終的にはインスリンも経口薬もいらなくなるはず,
と言われているので,それへの一段階。

もっとも次の問診までに数値が悪くなれば,
また増えるのだろう。

先生からは食事のカロリー制限と,運動をしっかりやるように、
と励まされた。

糖尿との長い付き合いが,ようやく始まった感じである。

0
カテゴリー: 雑記 タグ: , パーマリンク

1 Response to インスリンの量が減った

  1. Konami のコメント:

    糖尿での入院は2週間。
    「教育入院」というもので,様々な検査と,
    食事療法についての学習でした。

    幸にして合併症は見られず,
    いくつかの進行中の症状は見つかったものの,
    このあときちんと食事をしてコントロールすれば
    それ以上進むことはないし,逆に完治する,
    とも言われました。

    またインスリンも,結局このあと打たなくて済むようになり,
    まだ経口薬は飲んでいますが,先生はそれもなくすことができるだろう,
    といっておられました。

    12年の後半,運動不足の解消のために始めた水中ウオーキングで
    84kg あった体重が12月には80kg まで落ちました。
    で,今回の入院でカロリー制限されて,
    74kg まで減量することができました。
    やっと東京で仕事をしていた頃の体重に戻りました。
    さらにその後2か月かけて72kg になりました。

    ダイエットは入院してのことですし,
    退院以後,体力がかなり落ちていることを実感し,
    それがある程度回復するまで,かなりの時間を要しています。

    一番大きな生活の変化は,食事の大半を自炊するようになったことですね。
    それまでは面倒臭い,という気持ちが強かったのですが,
    事情が事情ということもありますけど,
    始めてみると結構楽しいものがあります。

    幸い3月の最後の1週間は完全に自宅療養のような形になったので,
    その間を利用して,自炊をある程度習慣付けることができました。

    そのときもそうですし,いまもそうですが,
    料理の本を首っ引きで見ながら台所に立っています。

    味付けに失敗することもありますが,
    塩分も制限されているので,
    ほとんど食材そのままの味を味わっています。

    これはこれでおいしい,と感じています。

    それと,やはり「腹八分目」。
    言葉は知ってましたけど,実践するのは初めて。
    でもこれ以前の食生活が,いかに乱暴なものであったのか,
    入院中,しみじみと感じたものです。

    自炊すると,自分が食べる量だけ作ればいいので,
    こうしたコントロールも比較的楽にできました。

    もともと大雑把な人間なので,
    はじめから全部の食事を自炊しようとはしませんでした。
    実際,4月以降,弁当も作って持って行きましたけど,
    週の後半は外食することが多くなりました。

    それでも血糖値はそんなに変化していなかったので,
    「自炊しなきゃ」というストレスがたまることもなく,
    体重もコントロールでき,
    いい状態を保つことができています。

    0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)