【思い出話】J大にて

先のセミナーで知り合ったK先輩は,
J大の数学科に進学されていました。

季節は忘れましたが,
私が3年になって大学への進学を考えていたある日,
K先輩に連れられてJ大でのセミナーに行きました。

K先輩曰く,
「お前にショックを与えるため」

そのセミナーは院生(博士課程?)によるもので,
内容はイデアル論だったと思います。

参加者は学部生。
K先輩を含めて5人ほどでした。
つまり院生主催の勉強会だったのでしょう。

J大は歴史も古く,
都内にありながらも,
シックな佇まいのキャンパス。

その奥まったところにある数学科のセミナー室は,
数人も入ればいっぱいになるくらいの広さでした。

で,その片隅に私は座り,
彼の院生の講義を聞いていました。

もちろん内容は全く理解できませんでしたが,
こうやって数学が伝えられていく姿には,
ある種感動を覚えました。

先輩の言うとおり,
「ショックを受けた」
のですが,
それはK先輩の意図していたものとは少し違ったかもしれません。

帰りがけに,
その院生が書かれたセミナーノートをいただきました。

青焼き(って今の人はわからないでしょうね。昔のコピーです)で,
100ページくらいありました。
内容は環論。

大学に入ってからもそのノートを読むことはありませんでしたが,
ずっと本棚の片隅に置き,勉強の刺激としてきました。

0
カテゴリー: 数学, 思い出話 タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)