練功十八法 その3

前回は練功十八法の医療的効果の話を書きました。
では若い人には効果はないのでしょうか?

そんなことはありません。
練功十八法のもとになったのは王子平 老師の「去病延年二十勢」です。
王子平 老師自身著名な武術家で,同時に腕のいい治療家だったそうです。

実際練功をやってみればわかるように,
多くの型が武術の型を基にしていることが分かります。
それを(たまたま)ゆっくりやっているだけなのです。
つまり若い人が練功十八法をすることで筋骨が伸び,健やかな体を作ることができます。

0
カテゴリー: 気功・太極拳 タグ: , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)