田中芳樹,地球儀の秘密 (カドカワノベルズ―自転地球儀世界シリーズ) 読了

はじめから何冊かになるように書かれた作品だったんだな。
周一郎と多夢が異世界へ飛び込んでおしまい。
やけに話の展開がゆっくりだったので,なんか変だなとは思っていたが。
「夏の魔術 (講談社文庫)」と似た部分があるように感じるのは私だけだろうか。
そういえば,最近カドカワノベルスを見なくなったように思うが,まだ刊行されているんだろうか。

0
カテゴリー: 読書 タグ: , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)