数学勉強法

本ブログに「数学書の読み方 写経」という言葉で検索してたどり着いた方がおられる。

以前の【思い出話】ラング,解析入門I
に書いた「今から言えば,単なる 写経 のような感じになっていたようです」
というところがヒットしたようだ。


で,私も改めてこのキーワードで検索してみた。
すると結構ヒットする。

特にramsn99にあった
記事には多くの場所で共感を覚えた。

結局数学を勉強している人は,普通にやっていることのようだし,
私自身もそうやって身につけてきた。

あえて付け加えるとしたら,身についたと感じたら
人に喋ってみることだ。

聞いてくれる人がいなければ,何もみないで書いてみればいい。
どこかで詰まれば,そこが不十分だということがよく分かる。

「とめはねっ! 鈴里高校書道部」の何巻だったかに,
臨書は書くことでその作品をみるという方法だ,
という場面があった。
これなどそのまま数学書の読み方につながると思う。

0
カテゴリー: 数学, 教育 タグ: , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)