久しぶりのシンフォニー

久しぶりにチャイコの5番を聞いた。

20年ぶりくらい。
学生のときからクラシックを聴き始めたのだが,
おそらく(全曲を)初めてきいたシンフォニー。
それまでほとんど音楽を聴いたことがない私に,
クラシック狂の後輩がレコードをダビングしてくれて,
繰り返し聴いていた。

今日は生演奏。
レコードと生との違いはとてつもなく大きいと思うが,
胸に迫ってくる音の群れがあるときは気持よく,
あるときはメロディーに慰められ,
またあるフレーズはロマンチックな気持ちを沸き立たせてくれた。

第4楽章を聴いているとき,
「ほら,顔を上げて,胸を張って,自信を持って堂々と!」
と勇気づけられるような声が聞こえたような気がした。

いっとき大分チャイコフスキーの曲を聴いていたものだが,
いつしかバッハやモーツアルトばかりになっていた。

また聴いてみよっかな。

0
カテゴリー: その他 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)