【思い出話】受験勉強

中3になって,高校への進学を決心したので,
夏休みから受験勉強を始めました。

数学についてはまず教科書を復習しようと,
中1の始めから,中3の1学期まで習ったところを
読み直し,問いや練習問題をすべて解いてみました。

すると,それまでの,なんとなくもやもやとしたとしかいいようのない,
不十分な理解が,面白いように,それこそ霧が晴れるように,解消していき,
特に証明問題などは,教科書に書かれていることは,
一点の曇りもなく理解した,という自信ができました。

今思えば,なんと大胆で,傲慢なことでしょう。

でも,それから後,実際に入試問題を解いてみて,
証明問題で困ることはなくなりました。

それまでは理科が好きでしたが,
こんな経験から,数学がだんだんと好きになっていったのでした。

0
カテゴリー: 数学, 思い出話 タグ: , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)