六手太極功

しばらく雨が続き,
家の前での運動ができなかった。
今日は久しぶりに雨も上がり,
下は少しぬかるんでいたが,
やることにした。

太極拳だと少しスペースがいる。
まだ水たまりもあちこちにあるので,
狭いスペースでもできる
練功十八法からはじめた。

前段と後段。
続けてやると,30分弱。
今日は少し気温が低いので,
二つやってもなかなか体は温まらない。
それでも,起きがけの体の冷えから比べたら,
格段に暖かくなった。

で,次に何をしようかとちょっと考えたが,
やはり狭くてもできる六手功をすることにした。

六手功と書いたが,正確には「六手太極功」。
福建省の曽乃梁老師と衛香蓮老師が作られた,太極気功だ。

BGMの「牧羊歌」を聞きながら15分。

で,面白かったのは第5手。
第5手は「雲鶴手」と呼ばれる動作で,
その名の通り,雲の中を鶴が飛ぶさまをイメージしたもの。

雲の中を飛んだあと,
鶴は松の木の下で羽を休め,再び羽を広げ飛び立つ。

このとき両手を広げながら独立歩となるのだが,
このところずっと片足立にはなれなかった。

1回目,両手を伸ばし,羽を広げるとき,
すっと,指先まで伸びが伝わる。

おやっと思った。

で,2回目の動作のとき,
なんとなく足を上げたくなり,意識するとふっと足が上がった。
それから残りの回数をやるときは,どちらの足も,軽々と上がり,
最後には本当に鶴が飛び立つようなイメージとともに
体が動作した。

収功。

これで終えようかと丹田に意識を持っていったが,
一瞬止まった感じがあったが,終わらなかった。

自然と自発動が始まる。
体の動きたいように動かす。
今日はそんなに激しくはない。
纏糸(てんし)の動作がたくさん入る。
いつものことだが形意拳のような動作が多い。
(もちろん形意拳ではない)

今度こそ収功。
気持ちのいい1時間だった。

[中国影视插曲 HQ] 牧羊曲 / 少林寺 主题曲

0
カテゴリー: 気功・太極拳 タグ: , , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)